異音。

昨日は天気予報で雪なんて言われていましたが、ここら辺は雨でしたね。

久しぶりにたくさん雨が降ってくれたおかげで、今朝は空気が潤っているのを実感出来ました。

インフルエンザの流行も少しは収まれば良いんですが、また乾燥状態が続くとそうもいかないんでしょうねぇ。


これも先週の作業ですが、良く来てくれる学生さんがお友達を連れてご来店。

「異音がする」とのことでして、作業にあたることに。

どの状態(ダンシングかシッティングか、変速時かどうか等々)で異音がするか、ある程度お客さんにお話聞いてみた所、ハンドル・ヘッド周りかなと。


こういうボルトの錆び具合からも、何となく危険なニオイがしますよね。
画像


フォーク抜こうとした時点で更に嫌~な感じ
画像


こっちは下側。汚れてはいますが、ベアリングはすんなり取れました。
画像


本来はベアリング簡単に取り外せるんですが、上側は全く取れません・・・。
画像


カーボンフレームなので無理は出来ないんですが、少しずつ動かして何とか摘出。

サビが凄いっす
画像


状態的にはベアリング交換したいとこですが、今回はひとまずグリスアップのみで対処。

フォーク下玉付近のこんな汚れも、この後拭き取り済み。
画像


最終組み付け前ですが、少しはキレイになったかなと。

この後試乗してもらった所、異音はひとまず解消したようです。

ベアリングの状態が状態なので再発するかもですが、ある程度該当箇所を把握していれば対応しやすいかなと。

お友達がサークルの方なんで、ベアリング交換なら出来るでしょうしね。

本人さんにもお伝えしてありますが、「DEDA」のステムは31.7mm、ハンドルは31.8mm規格です。

たった0.1mmですが、メーカーさん的には「サイズ合わせないとダメですよ」って事なのでご注意ください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック