パナソニック ハリヤー・ハブ交換

連休前に「後ろの車輪から音がする」ということでご来店頂いたお客さん。
ハブ(車軸)のガタがあり、バラしてみましたが要部品交換状態。
ですが、メーカーも休みに入っていたので部品手配だけしてひとまず元に戻して乗って頂くことに。
ようやく部品が入荷して、ご連絡したところ本日来店して頂きました。

今回は電動車の作業ですが「ハブのガタ」の症状は一般車でも同じですので少しご紹介。
まず、車体から車輪を外します。
画像


タイヤ・チューブ、スプロケットも外します。
画像


順序がバラバラですが、車輪をバラします。
袋に入ってる方が新品のハブです。
画像


ハブ交換の前にガタが出た方のハブをバラします。
画像


前回グリスは入れたので問題ないです。
画像


見づらいですけど左の玉押しも問題なし。
画像


問題ありは右の玉押しです。
画像


赤丸で囲んだところに段が付いているのがわかりますか?
先日作業した時はもっと激しく傷が付いていて、部品入荷までの為に少し磨いて対処しました。
シマノのハブならば玉押し一つでも手配できますが、今回はそうではないためハブごと交換になってしまいました。

ハブ側のお皿は無事でしたんで、流用出来れば良かったんですが・・・。
画像


ただ、玉押しにあれだけ段が付いていたので、ベアリングは損傷していました。
続いて、新しいハブで車輪を編みました。
画像


今回のお客さんの場合、通販で購入された自転車なのでどういう組み立てをされていたかは不明なので断言出来ませんが、元々使用されている部品の精度があまり良くないのも原因の一つでしょうね・・・。
こればかりは生産上のコスト面もあるので、お客さんには選択しようがありません。

新しいハブもそのままでは回転が重過ぎなので、バラしました。
画像


一度グリスを拭きとってみたらこんな状態
段が付いてるわけじゃないけど、やっぱりこんな程度なんでしょうね~
画像


磨いてグリスを入れ直してハブ調整をして組み付けです。
画像


今回のケースは部品代+ハブ交換工賃で\7,215なり。
修理でご来店頂くお客さんに「ハブのガタが出てるよ~」とか「BB(ペダルの軸)がガタ付いてるね~」とか言うのは(ネジが緩んでいるだけの場合もありますが)今回のケースのように何かしらの損傷が出ているということです。

軽いガタの状態で作業に掛かったほうが長い目で見れば安く済みますので、気になる方は相談してくださいね~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック